おしゃれな十三祝いの写真/十三祝いって?

こんにちは。クッポグラフィーの梅原です。

沖縄の大切なお祝いのひとつ、十三祝い。
 

沖縄行きが決まるまでは、あまり耳にしたことのないお祝いでした。
関西の方で十三参りというのがある、というのは知っていたのですが、それともまた少し違うみたい。
そもそも十三祝いとはなんなんだろう?ということで調べてみました。

 

--- 目次 ---

十三祝いとは

お祝いの仕方

クッポグラフィーの十三祝い

さいごに

---

沖縄十三祝い.jpg

 

十三祝いとは

"十三祝い    読み方:じゅうさんいわい

数え年で13歳に当たるため十三祝いという、トゥシビー(生年祝い)の一つ。旧暦の正月後、最初の干支の日に行われる。生まれたときの干支が再び巡ってきた節目を祝い、子ども達の成長を喜ぶ。とくに女の子の十三祝いは盛大に行う。" 引用:weblio

歳の数え方が、お腹の中にいる時が0歳で生まれたら1歳ということから11歳、5年生の歳でお祝いする方が多いみたいですね。
関西で行う十三詣りは小学校を卒業して中学校の入学する間の春に行うようなのでやっぱり違いますね。

「トゥシビー」というのは、「生年祝い」という意味だそうで、25、37、49、61、73、85、97歳と全部で9回のお祝いがあるそうです。年男、年女のようなもの?ちょっと違うのかな?

七五三はやらずとも、十三祝いは必ずやるというくらい沖縄では大切にされているお祝いなんですって。

沖縄十三祝い.jpg

 

お祝いの仕方

昔は、おうちにたくさんの親戚を呼んでお祝いするのが一般的だったそうですが今は近い親戚と一緒にみんなでお食事しに行ったりが多いそうです。
特に女の子は次のトゥシビーはお嫁に行ってる可能性が高く、家族でお祝いできないからと盛大にやるんですって。

最近では学校でやることも多いようですね。
学校行事では、一品みんなでご飯を持ち寄って、子供たちは出し物や歌、手紙を用意してご両親に感謝の気持ちを伝えます。
考えただけで泣ける行事ですね。(笑)

「沖縄 十三祝い」とgoogleで調べるとヒットする上位ほとんどが写真スタジオでした。
沖縄ママさんたちも、ご自身は七五三は撮ってないけど十三祝いは撮った、という方も。

十三祝い写真.jpg
十三祝い写真.jpg

 

クッポグラフィーの十三祝い

そんな素敵なお祝いの写真のために、クッポグラフィーでは2着のオリジナル着物をご用意しました。

緑のアンティーク風の着物と赤いラインに黒いラインの帯を合わせたふたつの着物。
スタジオに合うように、細部までこだわってデザインしました。

アンティーク風の生地にベロアの帯、レースの帯揚げ。
赤いラインで華やかに、黒のラインで締めたイメージ。

この時期の子は、きっと、かわいいだけでは物足りないと思います。

将来の夢がはっきりあったり、親に秘密もあるかもしれない。
そんな子たちの、今、を大切に写真にします。

まだ見たことのない表情を残したいです。
あんなに小さかったのに〜って思うかな。まだまだ子供な部分と、もう大人な部分。

ひとりひとりと向き合いながら、撮影します。

十三祝い記念.jpg
十三祝い沖縄.jpg

 

さいごに
 

沖縄にしかない、沖縄だけのお祝い。
素敵だなあ。

十三祝い、ぜひどんな風にお祝いしたか、する予定かぜひ教えてください。

 

ume

クッポグラフィー沖縄店
https://okinawa.kuppo.jp/